鹿児島牛肉はギフトに最適

日本一の和牛の産地である鹿児島県。中でも有名なのが鹿児島黒牛です。鹿児島黒牛は、幕末から明治維新の頃にいた羽島牛や加世田牛そして種子島牛を、長い年月をかけて改良しました。鹿児島黒牛は、全国から選りすぐりの和牛を集めた大会において、改良の成果や優秀性が認められ、優勝を果たしています。

味が良く高品質であり安全性の確保された鹿児島牛肉は、きめの細やかな肉質と霜降りのバランスの良さが特徴です。ステーキやしゃぶしゃぶ、焼肉などに最適です。鹿児島牛肉は鹿児島を代表するギフトとして、県内はもちろんのこと県外や海外からも人気を集めています。鹿児島牛肉をギフトにするなら、部位の特徴を知って選ぶと失敗がありません。

サーロインはきめが細かく柔らかで、最高の肉質です。ステーキや鉄板焼きなど、あらゆるメニューで美味しくいただけます。サーロインの隣の部位がリブロースです。霜降りがよく入った柔らかい肉質なので、すき焼きに向いています。

リブロースと肩肉の間の部位が肩ロースです。脂肪分と赤身のバランスが良く、すき焼きや焼肉でいただくと良いでしょう。一番柔らかいのがヒレです。脂肪分が少ないので、ステーキやカツに最適です。

肩バラの一部である三角バラは、一頭から約3キロしか取れない希少部位で、焼肉にすると濃厚な味わいがあります。モモは脂肪分が少ない赤身の多い部位です。焼いてもおいしいですし、すき焼きやしゃぶしゃぶにも適しています。このようにどの部位もおいしい鹿児島牛肉のギフトは、多くの人に喜ばれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です