もつ鍋の魅力について

1990年代の半ばころから第1次もつ鍋ブームが発生しました。流行の広がりは驚異的なスピードで広がり、日本中でもつ鍋が食べられるようになったのはこの頃です。しかしその反動で流行が去るのも早く、しばらくは人気も下火の状態が続いていました。しかし2000年代の後半から再び人気が高まってきており、今では一時の流行ではなく鍋料理の一つのジャンルとして完全に私達の食生活の中にもつ鍋は定着しています。

一般的にもつ鍋は、主に牛の内臓肉を醤油や塩味ベースのスープでニラなどの野菜と一緒に煮こむという福岡県の郷土料理がルーツと言われています。しっかりとした処理をされた「もつ」は、程よい脂がのり、歯ごたえと甘みが口の中いっぱいに広がっていく、他の食材では味わえない独特の美味しさがあります。スープのベースは進化が続いており、基本的な醤油や塩味の他にも味噌ベースであったり辛味を利かせたキムチを使用したものであったりと、店によってそれぞれの個性が見られて興味深いものです。またもつ鍋の魅力の一つとして、シメも忘れてはならないでしょう。

残ったスープにたっぷりのご飯を入れてコクと旨味が渾然一体となった雑炊とするのもよし、太くコシのあるちゃんぽん麺を入れて煮込み、美味しいスープに絡めて食べるのもよしと、最後の最後まで楽しめる鍋として人気です。美味しい店は、もつの処理がとても上手で、匂いや臭みは一切なく、もつ本来の味わいを楽しめます。今まで敬遠していた人も、ぜひ一度味わってみてください。その魅力にやみつきになることでしょう。

鹿児島の肉の通販のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です