福岡だけじゃない!日本全国の「もつ鍋」

もつ鍋は、福岡の郷土料理です。そのルーツは、第2次世界大戦後の焼け出された福岡の街で、当時とても高価だった肉の中でも比較的安価な部位だったもつ肉を使って作られた鍋だといわれています。もつは豚・牛どちらでもかまいません。ニラと一緒にアルミ鍋に入れ、醤油味で煮込んだものでした。

戦後復興めざましい1960年代には、ごま油で唐辛子を炒め、もつ肉を入れてから調味料とネギをいれ、すき焼き風に食べられていたといわれています。福岡名物として有名なもつ鍋ですが、もともとは炭鉱地区の郷土料理で、福岡市や博多ではあまり知られていませんでした。博多でもポピュラーになったのは、東京でもつ鍋が有名になった後のことです。同じもつを使っていても、全く種類の違う鍋が全国にはあります。

福岡の隣、山口の郷土料理「とんちゃん鍋」は、甘辛い味噌ベースのたれに牛のもつを漬け込んだものを使っています。平たい鍋にもつをのせ、キャベツやもやし、ネギを高く盛り付け、そのまま火にかけて蒸した鍋です。牛のもつを使うことや味噌ベースのたれ、炊かずに蒸して野菜の水分で煮る点が博多のもつ鍋とは違う点です。もともと「とんちゃん」とは韓国語で豚の小腸を指しますが、山口のとんちゃん鍋は現在では牛のホルモンが主に使われています。

同じ福岡県でも、もつ鍋とは異なる「田川ホルモン鍋」というものが存在します。ニンニクだれでもつに下味をつけ、キャベツなどの野菜をふんだんに使い煮ます。このように、ホルモンを使った鍋のバリエーションは豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です