• 敬老の日のプレゼント

    敬老の日は祝日法では多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日で1947年9月15日に兵庫県多可郡野間谷村で敬老会を開催したのが始まりと言われています。

    敬老の日に有効なサイトです。

    その後敬老会は県全体に活動の輪を広げ、1950年兵庫県はとしよりの日を制定し1966年に現在のように国民の祝日となり2003年から、9月の第3月曜日に変更となっています。



    敬老の日は何歳から祝うのかが明確に決まっているわけではなく、何歳から祝うかは人それぞれで日本の法令では65歳以上を高齢者としているのでその前後を目安とすればいいです。

    それから敬老の日には何かプレゼントすると喜ばれますが、日頃の労いや感謝の気持ちをこめて相手の趣味や好みに合わせるのがベストです。
    例えばおじいちゃんやおばあちゃん世代に馴染みのある和菓子は定番人気アイテムであり、普段なかなか手に入らないお取り寄せ品や銘菓を選ぶのがおすすめです。


    また大人のお祝いの定番といえばお酒でビールやワイン、ウイスキーや日本酒と好みに合わせて選んで持っていって一緒に晩酌をするのも良いです。



    そして形に残るものを贈りたいなら国内唯一の足の総合病院が監修したルームシューズは、加齢による筋力低下で転倒しやすい、足裏のアーチが平らになる悩みを解消します。それと敬老の日のプレゼントとして不動の人気を誇るのインナーは、綿100%のラインナップは良質綿をふんだんに使用し素肌にやわらかく寄り添う着心地を体感できます。